屋上緑化が簡単に実現! グリーンシステムレンは杉の間伐材を利用し地球環境に優しく緑化効果の高い緑化システム(緑化資材)です。


工場立地法と屋上緑化

工場立地法と屋上緑化

工場立地法は、1973年に制定、74年に施行されました。中・大規模工場が対象となります。法律施行後に対象工場を新増設する場合は規制に従わなければなりません。施行前に建設された工場は適用外ですが、生産施設を建て替えると規制を受けます。規制の内容は厳しく、公害防止に効果を上げてきました。しかし工場の新増設や建て替えの障害となり、産業空洞化の一因にもなっていました。これまで工場緑化は地盤面だけしか緑地面積として算入されませんでした。
そこで経済産業省は2004年3月から一部規制の緩和策を実施しました。生産施設の面積制限が緩和され、屋上緑化・壁面緑化面積を緑地として算入することが可能となりました。地域ごとに柔軟に規制の運用ができるよう、自治体の裁量権も拡大されています。このことにより工場緑化の幅が広がりました。

工場立地法における緑化面積(緑地面積・緑地率)

1. 敷地面積に対する生産施設面積の割合 10〜40%
2. 敷地面積に対する緑地面積の割合 20%
3. 敷地面積に対する環境施設面積(含む緑地)の割合   25%

既存工場(法施行以前に設置された工場)に対しては、生産施設の変更等の際、逐次緑地の整備を求める。
生産施設面積の割合は業種により5段階に分けられる。
緑地、環境施設面積(噴水、水流、広場、企業博物館等)は地方自治体で独自に割合を設定できる。
屋上緑化等の面積は、敷地面積の5%以内(緑地面積の1/4)で緑地面積として算入可能。

対象工場
業種:製造業、電気、ガス、熱供給業者(水力、地熱発電所は除く)
規模:敷地面積9,000m2以上 又は 建築面積3,000m2以上

折板屋根緑化

工場の屋根は、金属折板屋根(鉄板平屋根構造)が非常に多く、環境への負荷も大きいと予測されます。一般的な鋼製折板屋根の表面温度は夏期では60ºC〜80ºC程度になります。
折板屋根を緑化した場合には、屋根の表面温度は夏期では30ºC〜35ºC程度になり、室内環境の大きな改善につながると同時に大きな省エネ効果があります。

ISO14001と屋根緑化(屋上緑化)

ISO14001とは、環境マネジメントシステムの国際規格で組織の事業活動により発生する環境へのマイナス環境を低減していくための活動を行うことを指します。屋根緑化(屋上緑化)を行うことで、夏期の室温上昇抑制、省エネルギー効果、ヒートアイランド現象の緩和、CO2削減、地球温暖化などの環境問題に大きく貢献できます。
特に工場は屋根面積が大きく環境への貢献度も大きくなります。最近ISO14001の一環として屋根緑化(屋上緑化)を行う工場が増加しています。

工場の屋根緑化(屋上緑化)によるメリット

工場の屋根緑化(折板屋根緑化・屋上緑化)を行うことで下記のようなメリットがあります。

  1. 屋根(屋上)に緑地を設けることで、土地の有効利用、施設の増設が可能となります。
  2. 屋上緑化面積が、工場立地法における必要緑地面積の一部として算入可能となります。
  3. ヒートアイランド現象の緩和、CO2削減、地球温暖化などの環境問題に大きく貢献できます。
  4. 断熱効果が高く、空調などの省エネルギー対策に効果を発揮します。
  5. 屋根の劣化防止に役立ちます。
  6. ISO14001の環境側面として利用することが出来ます。
  7. 「環境に配慮した工場」であると企業のイメージアップにつながります。

工場向けソリューション

構造計画研究所では工場緑化以外にも地震リスク、耐震診断、耐震補強、工場施設管理、施設配置計画、環境影響評価(臭い、騒音、振動、温度、室内環境)など工場向けソリューションを提供しております。

構造計画研究所 企画営業部 http://www.kke.co.jp/