屋上緑化が簡単に実現! グリーンシステムレンは杉の間伐材を利用し地球環境に優しく緑化効果の高い緑化システム(緑化資材)です。


屋上緑化の基礎知識

荷重について

屋上緑化を行う場合には、建物の積載荷重条件をよく把握する必要があります。
建物に積載できる荷重には制限があります。この積載荷重条件を無視して、屋上緑化を行うことはできません。
許容積載荷重は、対象建築物等の用途により異なりますが、緑化の範囲により、次のようになっています。

  1. 全面的な緑化の場合は、60kg/m2以内を基本とします。
  2. 部分的な緑化の場合は、180kg/m2以内を基本とします。
    ただし、「全積載荷重/屋上面積」は60kg/m2以内を基本とします。

  • 積載荷重には、土壌の他、植物、レンガ、ウッドデッキ等も含みます。

【解説】
建築物の積載荷重値は表1のとおりです。
全面的な緑化を行う場合には、表1の「住宅、事務所等」の地震力用積載荷重値である60kg/m2以内で積載荷重を設定することを基本とします。また、部分的な緑化を行う場合は、「住宅、事務所等」の床構造用積載荷重値である180kg/m2以内を基本とします。ただし、デパートや学校の建築物では、表1に基づき、より大きな積載荷重値をとることができます。事務所であっても、あらかじめ緑化を行うことを前提としてより大きな積載荷重値を設定している場合もあります。実際の計画にあたっては、予め対象建築物の用途及び設計図や構造計算書等の確認、建物の施工会社への確認を行う必要があります。
なお、既存屋上の防水層の改修にあわせて緑化を行う場合には、撤去される保護モルタルや押さえコンクリートの重量分を、許容荷重値に加えることができる場合もあります。

表1 屋上またはバルコニーの積載荷重値
  床計算用
(単位:kgf/m2)
大梁・柱・基礎用
(単位:kgf/m2)
地震力用
(単位:kgf/m2)
住宅、事務所など 180 130 60
学校、デパートなど 300 240 130

(建築基準法施行令・第85条より)