屋上緑化が簡単に実現! グリーンシステムレンは杉の間伐材を利用し地球環境に優しく緑化効果の高い緑化システム(緑化資材)です。


屋上緑化の基礎知識

植物について

屋上緑化(薄層緑化)でよく利用されるものとして芝生とセダムがあります。これらには、いろいろな種類と特徴があり、比較的よく使われている芝とセダムの種類には、次のようなものがあります。

芝生について

一般に芝生と呼ばれているものには多くの種類がありますが、思い浮かべるのは、美しい芝庭やゴルフ場・サッカー場の芝地がほとんどです。生育型で見ると、日本芝のコウライシバで代表される暖地型と、西洋芝に多い寒地型に分けられ、これらはすべてイネ科の植物です。
暖地型芝とは夏芝とも呼ばれます。暖地型芝は温暖な気候がもっとも芝生の生育に適しており、夏に最もよく成長し、冬には茶色く枯れてしまいます。枯れているといっても、表面上だけが枯れ、地中の根や茎には栄養を蓄え、休眠するのです。暖かくなり始める春先から少しずつ活動を始め、夏に最もよく成長します。もう一つの特徴は繁殖の仕方です。夏芝は、ほふく茎又は根茎と呼ばれる茎を地上あるいは地下から伸ばして、地表面を覆うように繁殖します。
寒地型芝は冬芝とも呼ばれます。寒冷な気候が芝生の生育に適する芝で、暖地型芝と比べると逆に高温多湿に弱く、夏枯れを起こしてしまう場合もあります。しかし冬でも緑の芝生を楽しむことができます。西洋芝というと一般的にはこちらの寒冷地型の芝を指すことが多いようです。
冬芝は、夏芝とは逆に生育適温が低く、秋季から春季にかけて最もよく成長します。 寒地型芝の使用によって、冬季の使用におけるすり切れ等や雑草の侵入も少なく、見た目にも美しいため需要は多いですが、窒素や水の要求量も多く、暖地型が休眠する冬季の刈込み作業も必要でランニングコストは暖地型の数倍となり管理に手間がかかります。屋上では、地上に比べ日当たりがよく、非常に成長するため、芝刈りの手間が増えるとともの、夏季に高温となるため、夏枯れを起こす可能性がかなり高くなります。
比較的よく使われている芝の種類には、次のようなものがあります。

芝の種類と特徴
暖地型芝 日本芝 ノシバ 芝は粗剛で、幅4mm以上。比較的密度の低い芝生になる。公園、道路の法面などに使用
コウライシバ 葉幅1.2から3.9mm。密度の高い芝生で、庭園などに利用。細葉はゴルフ場のグリーンにも使用。
ビロードシバ コウライシバよりさらに細葉で、幅0.7から1mm。きめ細かいが性質は弱く、耐寒性を欠く。
西洋芝 バーミューダグラス類 暖地型芝の代表種だが日本での知名度は低い。甲子園のティフトンシバはこの仲間。
寒地型芝 西洋芝 ベントグラス類 葉が細く柔軟で、最も美しい芝といわれる。低刈りに強く、ゴルフ場のグリーンに使われる。
ブルーグラス類 代表種・ケンタッキーブルーグラスなどは日本の寒冷地の芝として使われる。
フェスク類 広葉系のトールフェスクは道路の法面など、細葉系はゴルフ場などで使われる。
ライグラス類 ペレニアルライグラス(多年生)とイタリアンライグラス(1年生)などがある。

ノシバ(野芝):日本芝

最も環境適応力があります。乾燥に強く、耐寒性もあり踏圧にもかなり強いなど丈夫ですが、成長がやや遅く、感触が粗いのが難点です。公園、河川敷や堤防、道路の法面、ゴルフ場のラフなどに使われています。

ノシバ

コウライシバ(高麗芝):日本芝

日本南部から東南アジアにかけて広く分布しています。踏圧にも比較的強く、刈り込みにもよく耐えるので、わが国では一番よく使われています。ホームセンターで簡単に手に入ります。葉は細くやわらかで、適当な刈り込みで美しい芝生になります。

コウライシバ

ヒメコウライシバ(姫高麗芝):日本芝

普通のコウライシバと性状は同じですが、葉が少し細かいので違いがわかります。管理に手間がかかりますが、少面積で手入れが行き届く場合は最もよく、非常に美しい芝生をつくることができます。

ヒメコウライシバ

ビロードシバ:日本芝

日本芝のなかでは最も葉が細かい種類で、繊細でビロードを敷いたように密度の濃い芝面をつくります。非常にきめ細かいため、観賞用として用いられることが多い。寒さに弱く、踏圧にも弱いので、特殊な小庭園を除いて、ほとんど使われていません。

ビロードシバ

ベントグラス類:西洋芝

寒さに強く、低刈りにもよく耐え、繊細で最も上質の芝生をつくります。株立ち性のコロニアル系と匍匐(ほふく)性のクリーピング系がありますが、根が浅く、乾燥には弱いので注意が必要です。

ベントグラス

ブルーグラス類:西洋芝

他の西洋シバと違って、出穂期から結実期にかけて青っぽく見えるとこらから呼ばれています。冷涼な土地を好み、世界で最も広く栽培されている芝生です。ケンタッキーブルーグラスは牧草として有名です。

ブルーグラス

フェスク類:西洋芝

耐暑性はありませんが、乾燥と日陰に強く、環境適応力にも優れています。低肥料条件下でもよく耐えるので、道路や斜面の土砂流失防止のほか、ベントグラスやブルーグラスと混ぜてよく利用されます。

フェスク

ライグラス類:西洋芝

牧草として最も重要な種類です。発芽率がよく、成長が早いのが特徴ですが、家庭ではあまり利用されません。早期緑化や、低温にも強いので夏シバの冬期緑化のためのオーバーシーディング用に適しています。

ライグラス

バーミューダグラス類:西洋芝

生育適温が高く、成長は夏シバのなかでも最も早い種類です。寒さに対してはコウライシバより弱くなります。(関東以北の寒地には適しません)この改良種にティフトン系のシバがあります。

バーミューダグラス

ティフトン類:西洋芝

バーミューダグラスの改良種で2、3の品種があります。葉は細く、よく刈り込まれた芝地は美しいものです。摩耗からの回復が早いので、スポーツ用として各グラウンドに植えられています。

ティフトン

セダムについて

セダム(Sedum)とは、カランコエやクロホウシなどを含むベンケイソウ科に属し、オーストラリア、太平洋諸島を除く全世界に400種以上が存在するといわれます。日本や中国などの東アジアに約200種、ヨーロッパに約100種、メキシコに約100種、北米に約30種と、大半が北半球の温帯から暖帯に分布しています。別名「万年草」とか「弁慶草」とも呼ばれています。俗名のセダムはラテン語のSedrere(座る)に由来し、岩の上に座るように自生する姿から名付けられました。乾燥に大変強いことが特徴で、海岸や崖などのちょっとした吹きだまりなどほとんど土のない場所や他の植物が生育できないような環境下でも生育できる生態を示しています。耐乾性に富み、屋上や屋根、人工地盤上など土壌厚や水分の確保が困難な条件下においても生育が可能な植物です。但し、セダムは踏圧に弱く、芝のように人が立ち入るような場所には利用できません。多くの種類は、春から秋は緑色を、冬は赤から褐色を呈し、初夏に茎の頂に黄色の小花をつけます。セダムにもたくさんの種類があり、特性はさまざまです。花色は黄色が中心ですが、白やピンクなども見られます。