屋上緑化が簡単に実現! グリーンシステムレンは杉の間伐材を利用し地球環境に優しく緑化効果の高い緑化システム(緑化資材)です。


事例

折半屋根緑化

折板屋根に緑化が出来ます。折板屋根にはハゼ式、ボルト式、嵌合式など形状、寸法など様々なタイプがあります。これらの多様な金属折板屋根の緑化が可能になりました。特に工場の屋根は、金属折板屋根(鉄板平屋根構造)が非常に多く、環境への負荷も大きいと予測されます。一般的な鋼製折板屋根の表面温度は夏期では60ºC〜80ºC程度になります。折板屋根緑化した場合には、屋根の表面温度は夏期では30ºC〜35ºC程度になり、室内環境の大きな改善につながると同時に大きな省エネ効果があります。2004年3月から工場立地法が改正され、屋上緑化の面積も緑地として算入することが可能となりました。


ハゼ式・働き巾500の折板屋根緑化(芝生)です。人が上に乗っても大丈夫です。
メンテナンス用の通路も緑化することで、屋上部分の緑化面積を大きくする事が可能です。

折板屋根には下記のように、ハゼ式、ボルト式、嵌合式など屋根メーカーにより形状、寸法がいろいろあります。写真はほんの一例で、山と山の間隔の寸法がいろいろあります。

ハゼ式折板屋根
山ピッチ間隔500mm
ボルト式折板屋根
山ピッチ間隔200mm
嵌合式折板屋根
山ピッチ間隔500mm
ハゼ式折板屋根拡大写真 ボルト式折板屋根拡大写真 嵌合式折板屋根拡大写真